妊娠中の歯科治療

  • HOME
  • 妊娠中の歯科治療

妊娠中のむし歯治療について

妊娠中のむし歯治療について

出産前にむし歯の治療やお口のケアをしておくことは、生まれてくる赤ちゃんにしてあげられる、お母さんからのプレゼントです。比較的安全に治療ができる安定期のうちに、早めに治療をしておきましょう。

妊娠と歯のトラブルの関連性

妊娠中はホルモンのバランスが変化するので、歯茎が腫れやすくなったり、出血したりすることがあります。また、環境の変化で、十分に歯磨きができないこともトラブルの原因となります。こうしたトラブルを防ぐためにも、なるべくお口の中を清潔に保つようにしましょう。

妊娠中に気をつけていただきたいこと

妊娠中は食生活が不安定になりがちです。つわりなどで体調が悪いときは、歯磨きがしづらくなることも考えられます。体調の許す限り、食べた後はできるだけお口の中を清潔にしておくように心がけましょう。

妊婦さんのむし歯治療で心がけていること

当院では安全な材料を使った治療を行い、母体に影響のないように努めています。また、母体にあまり良くないとされているレントゲンに関しては、出産前はなるべく避けるようにしています。
治療が長引きそうな場合は、安全なところまですませたら一旦ストップし、続きは出産後に行うなどの配慮も行っています。

マイナス1歳からの予防治療とは

マイナス1歳からの予防治療とは

生まれてくる赤ちゃんは、お母さんのお口の影響を受けやすいものです。赤ちゃんがお腹の中にいるうちから、可能な限りお口の環境を良くしてあげて、出産に臨まれることをおすすめします。歯のお掃除のためのご来院でも構いませんので、ぜひ当院をご活用ください。

妊娠中や授乳中の方へ

妊娠中や授乳中の方へ

治療に使うお薬や麻酔などについて、お子さんへの影響を気にされている方も多いと思います。

当院で何らかの薬剤を使う場合は、母体のことを第一に考えたうえで慎重に選んでいます。また、治療に入る前にしっかりとご説明し、患者さんにご判断いただいております。

分からないことや不安な点があれば、遠慮なく何でもお尋ねください。

健康な歯で一生笑ってほしいから、
子どものうちからお口のケアを。

お問い合わせの際はホームページを
見たとお伝えください

  • 0569-43-4618 受付時間 9:00~18:30
  • 0569-43-4618 受付時間 9:00~18:30
  • 24時間WEB予約はこちら24時間受け付けております インターネット予約
pagetop